ブリーチなしでカラーリングが流行ってるけど逆にブリーチありでピンクにしたらこんなに綺麗になった

 

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 

今回はブリーチしてピンクカラーをしてみました!!

 

ブリーチなしと、ブリーチありの見た目の違いとしては透明感の度合いとツヤ感の違いと発色が挙げられます。

 

まぁブリーチした方がダメージはしますが発色がいい感じにてます。

 

f:id:biscuitt:20170706205847j:image

 

ダメージを気にされるようでしたら毛先だけもオススメします!

今回はグラデーションにしました!

 

すっごく好きな色です!!

 

中嶋啓太でした

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

 

黒染めからブリーチなしでピンクベージュへ

 

 

どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170705013405j:image

 

今回も黒染め落としを使って黒染めからブリーチなしで明るいピンクベージュにしました。

 

最近とてもよく起きる出来事です。

黒染めはしたくないので普通のカラーで暗くして下さいとオーダーしたのにも関わらず実は黒染めされていて、次回カラーリングしようと思ったら明るくならなかった。

 

 皆様ありますか??

 

実は黒染めを使わずに黒染めに近いカラーリングをする事はとっても難しいのです。

 

トーンダウンするためにはブラウンが必要なのですがこの場合の量が多ければ黒くなります。

黒染めはこのブラウンがすごく入っていると考えて下さい。

明るい色からかなり暗くしようとおもったらこのブラウンをしっかり入れようと思いますが分量や髪質を誤ると黒染めと一緒になってしまうのです。

なので、黒染めに近いカラーリングは美容師側の色相環の知識、経験が絶対に必要不可欠なのです。

ただ知識があれば可能です。

 

 

今回のお客様も黒染めではなく黒に近いカラーリングをオーダーした方でした。

 

f:id:biscuitt:20170705013321j:image

 

毛髪診断した結果完全に黒染めです。

 

ブリーチは絶対にしたくないとの事なのでカラーリングで明るくしました。

 

f:id:biscuitt:20170705013405j:image

 

ブリーチなしで一回のカラーリングです。

ハイトーンのカラーリングとダークトーンカラーを混ぜながらピンクベージュを作りました。

 

黒染めは黒染めした部分を切らない限りそこは特殊な施術を行わない限り、ブリーチしない限り明るくなりません。

 

是非とも暗いカラーリングをオーダーする際お気をつけて下さい。

 

中嶋啓太でした

 

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

 

人の見た目は90%以上髪で決まる。なのでツヤ感がでる清潔感のあるピンクベージュをオススメします。

 

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170703021725j:image 

 

皆様髪は大切にしてますか??

人間の身なり、清潔感、モチベーション、全てと言ってもいいとおもいます。髪は大切なんです。

 

初対面と会う時第一印象が大切ってよく言われますよね?その90%以上が髪で決まると知っていましたか??

ぼくが専門学校の実習を受けてたころです。

北海道で4店舗美容室を経営している講師の方がいらした際このお話を聞きました。その方は若い方で20代後半といったところでしょう。スーツ姿で凛々しく『若くして自分の夢である店舗経営なんてすごいな』と感心な気持ちで聞いていました。

 

『人の見た目は90%以上髪で決まる。今から実践してみます。』

 

その方はカツラを取り始め20代に見えたて風貌が50代に変わりました。

ぼくはその時の衝撃が未だにこの目に焼き付いています。

 

そのビフォーアフターの写真はありませんが今回のヘアーのビフォーアフターの写真はございます。本日も安定のピンクベージュです。

 

こちらをどうぞ。

 

f:id:biscuitt:20170703021712j:image

 

今回の方のメニューはカラーリングとトリートメントです。前にもお伝えしたようにお店で行うシステムトリートメントとホームケア用トリートメントは格が違います。

ツヤ感にも注目して下さい。

 

f:id:biscuitt:20170703021721j:image

 

f:id:biscuitt:20170703021725j:image

 

ピンクベージュはツヤ感もすごく出るので、夏の日差しでも輝くカラーリングになります。日本人の肌の相性もいいですし、今回はベージュもはいっているので透明感も入ってて透けるような柔らかいピンクにしました。

 

ツヤ感は印象にとってすごく大事なものだと思います。是非とも髪を大事にしていきましょう。

 

中嶋啓太でした。

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

 

 

ボルドーピンクカラー

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170702002829j:image

 

カメラに指紋がついてたのか光の加減なのかぼやけてしまいすいません。

 

今回はボルドーカラーを作りました。

 

アンダートーンのピンク味にかなりのバイオレットいれて霞ませるヘアカラーリングです。

 

ピンクよりバイオレットが勝つようにちょっと明るいピンクとかなり暗いバイオレットを使う加減法でカラーするのがポイントで、残留色素が少なくアンダートーンが明るければ明るいほど発色は良くなります。

 

残留色素とは、前回のカラーリングが毛髪に入ってるかどうかです。これは次のカラーリングにかなり影響するものと言えます。

褪色(色落ち)を防ぐためにブラウンを混ぜるのが普通なのですが、ブラウンをいれるねデメリットしてこの残留色素が残りやすく発色が出ないなんてこともよくある話です。

 

茶髪にアッシュ系やピンク系にして下さいとお願いしたのに、なんだか茶髪になるのはこの残留色素の具合にもよります。

 

この加減法を使うことにより色味が濃いカラーリングが出来るようになります!

 

アンダートーンとはカラーする前の髪の明るさです。明るければ明るいほどこれまた色味もしっかり出ます。黒に何を足しても黒になります。でも色が薄い、例えば黄色とかに青を足したら緑に変化しますよね?そういったことを考えながらカラーリングはしていきます。

 

今回のボルドーピンクカラー

 

f:id:biscuitt:20170702002823j:image

 

ヴァイオレットが存分に入ってるのでツヤ感もたっぷりして、上品なカラーリングになります。今年の流行りのカラーの1つでもありますので是非ともオススメな髪色です。

 

中嶋啓太でした。

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

 

ピンクアッシュ

 

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170701005831j:image

 

今日はピンクアッシュにしました。

 

ピンクは僕が最も好きな色です。

アッシュと違い褪色(色落ち)も激しくなくブリーチなしでも綺麗な発色になります。

 

今回のポイントはピンクをベース少し青みをいれラベンダーにヴァイオレットをいれてツヤ感も出しました。

 

アッシュは透明感に対しピンク系はツヤ感がとても出る髪色なのでパーマよりコテ巻きをオススメしてます。

 

日本人の肌にもすごく馴染みがいいヘアカラーリングなので是非ともオススメです。

 

f:id:biscuitt:20170701010327j:image

 

中嶋啓太でした

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

黒染めしてる髪にブリーチなしで明るくする、ピンクベージュ

 

 

どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170701011215j:image

 

今回は黒染めについてについてお話ししたいと思います。前回、なぜ美容師は黒染めを嫌うのか?という記事を書かせていただきその中にもお伝えしました通り黒染めは2度と明るくならなりません。

 

ただ上手く色味を調合した黒染めなのであればブリーチなしでも明るくなります。

 

皆様にお伝えしたいのは何度も言いますがブリーチしない限り黒染めは明るくなりません!

 f:id:biscuitt:20170630002123j:image

髪の明るさには20段階の明るさがあります。数字が高ければ明るくなり低ければ黒くなります。基本的に黒染めは1〜6番が黒染めに使われる番号です。

f:id:biscuitt:20170630002148j:image

1〜4番は褪色(色落ち)もおさえられたしっかりとした黒染めができます。

5番と6番はちょっと薄いですが髪質によっては黒くなります。

これら1〜6番を上手く組み合わせて黒染めをすればブリーチしなくても明るくする事が出来るんです。

 

f:id:biscuitt:20170630000729j:image

 

こちらが今回カラーさせていただいた髪になります。

 

2度と明るくしないという約束のもと黒染めしましたが、仕事の都合上明るくしないといけなくなりましたので、カラーリングさせていただきました。前回の色は4.5番です。

 

どうしてもブリーチはしたくないとの事だったのでカラーリングで明るくしました。

基本的に黒染めから明るくする方は色味を選べませんがピンク系がどうしても欲しいとのことなのでそこも頑張りました。

 

まずはハイトーンのカラーリングしてから加温。コーミングしてからもう一回カラーリングを乗せるダブルカラーではなくワンステップのカラーリングにしました。

 

f:id:biscuitt:20170630001440j:image

 

f:id:biscuitt:20170630001445j:image 

 

ご要望だったピンク味もしっかり出ました。

 

このカラーリングに絶対に必要なのは、前回の黒染めの履歴と放置時間は必ず必要です。でもそれさえあれば黒染めしててもブリーチせず明るくすることは全然出来ます。

 

直に毛髪を見てみないとわかりませんが黒染め落としをして明るくしたい方はご相談下さい。

 

中嶋啓太でした。

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

ドライヤーの冷風は何のためにあるの??

 


どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

f:id:biscuitt:20170628213805j:image

 

皆様はドライヤーの冷風についてどうお考えですか??
先日、たまたまお客様から『なんでドライヤーに冷風があるのですか?』と聞かれました。

ズバリ!形を維持してくれるのです。

プラスチックを想像してみて下さい!
熱を与えるとグニャグニャになり、冷ますと固まりますよね!
髪も同じで、熱を与える柔らかくなり冷めると固まります。
そして、冷ますことによりキューティクルが閉じてツヤが生まれるのです。

なので、毛髪全部しっかり乾かした後に冷風を1分ほど全体に与えて下さい!

クセのある毛質の方は朝アイロンやブローしてから全体に冷風を与えると、維持するのが高まり、ツヤも生まれます。

直毛の方はコテ巻きをした際に冷風で散らせてあげればこれも維持します。

普段の営業も、ロングは基本的に冷風で最後仕上げます。

意外と使いこなせれば最高の武器になること間違いなしなので、ぜひぜひお試しして下さい(^^)!!

僕らが当たり前に知ってることでもお客様は知らなかったりするのが、最近なってきてわかりました!
ちょっと気づくの遅くないか?
でも僕のお客様はほとんど僕のお任せなので悩みあんまりないらしいです(^^)笑

なのでもっと悩みをご相談いただけたらなと思います。

今回のカラーリングです。

f:id:biscuitt:20170628213810j:image

ピンクアッシュグレーです。
今回はピンク味をバイオレットで出して、ツヤ感と透明感のコラボレーションです。発色の深みもあります。

 

中嶋啓太でした(^^)

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523