ダークトーンアッシュグレー

 


どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 f:id:biscuitt:20170628213435j:image

ダークアッシュグレイのご紹介!!

今の髪から暗めへする事を"トーンダウン"と言います。
トーンダウンする場合いくつかの方法がありますが、オーソドックスはブラウンを混ぜます。
なぜかと言うと元々髪の中にはブラウンがあり、キューティクルの破損により抜け落ちたり、カラーリングによりメラニン色素(髪色そのもの)が壊されているので、無くなったものを補う事により暗くなるのです。

しかし、ブラウンをミックスしてしまうと透明感が失われやすくなってしまいます。
そこでブラウンを使ってトーンダウンするのではなく、色味の濃いものでトーンダウンする事により透明感がすごく出るカラーリングになります。

それが今回の画像です。

 f:id:biscuitt:20170628213435j:image

ダークアッシュグレイです。

そして、ナチュラルな質感に仕上げてます。もちろんブリーチなしで、赤みも一切ありません。

今回はグレーの色を目一杯使わせていただきました。

透けるような透明感が好きな人は是非ともお勧めです(^^)

中嶋啓太でした

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

ピンクグレージュ

 

どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

 f:id:biscuitt:20170628185116j:image

本日はピンクグレージュをご紹介させていただきます。

いつもはブリーチなしのアッシュグレーが多かったのですが、春に向けて新色としてピンクグレージュをオススメしていきたいと思います。

ピンクグレージュとは、ピンク、グレー、ベージュの3段構成となってまして配合の量によって色の出方が変わります。

前にもお伝えしたように、日本人の方は赤みのメラニンがとても多いため嫌う傾向があります。といっても赤いのが嫌いなだけで、意外とピンクやオレンジは素敵な色が多いのと日本人の肌の色にも合いやすいようになってるんですよ(^^)!!

アッシュやグレーは寒色と言われ、透明感や柔らかさにがあるのに対し、暖色のピンクは他のカラー剤に比べツヤ感が出る色となります。さらにそこに紫を加えると、天使の輪ができるぐらい輝きます。

今回のピンクグレージュももちろんブリーチなしです。ピンクのツヤ感とグレージュの透明感が合わさった春らしいカラーリングなので是非ともこれからもすすめていきたいです。

中嶋啓太でした。

 

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

ルミエールアッシュカラー

 


どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

 f:id:biscuitt:20170628184748j:image

2014年頃からルミエールカラーが流行しました。

ルミエールカラーとは、アッシュ、ベージュ、オレンジを混ぜたアッシュなのに赤みがある新感覚カラーリングになります。

アッシュをオレンジがヴェールのように包み込みツヤ感と透明感を出して柔かいカラーリングに仕上げてくれます。
室内だとしっかりとしたアッシュ味ですが、自然光に当たるとオレンジの効果で髪が煌めきます。


2年前からでもまだまだ根強い人気のあるカラーリングです。

最近思う事ですが赤みが嫌いな方は、オレンジ、ヴァイオレットを避けて通ってきましたが、赤が嫌なだけで、オレンジやヴァイオレットは好きという方が意外と多い事にビックリしてます。

赤みが嫌いな方にもカラーバリエーションをぜひ(^^)

 

中嶋啓太でした

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

ダークアッシュブラック

 

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

f:id:biscuitt:20170628183648j:image 

明るく出来ない、でも黒髪じゃなくカラーリングを楽しみたい方にオススメのカラーリングです。

室内の光では暗く見えるのですが、自然光に当たると透き通るような透明感で明るくなるカラーリングです。

OLさん、学生さんなど、カラーリングが出来ない方が僕のお客様でも多くいます。その方などにオススメさせているカラーリング。

少し明るくしただけで赤みが出てしまう方でも赤みもなく、色味でアッシュ味がしっかり出るカラーです。

おしゃれしたいのに…
僕はそんな方の救世主になりたいですね(^^)笑

中嶋啓太でした。

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

暗めをオーダーしたのに明るくなってしまった。

 

 


どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 f:id:biscuitt:20170628175706j:image

皆様はカラーリングしたらイメージより明るくなっしまったことありませんか?あるという方は手を上げて下さい。

…ありがとうございます。

人それぞれ髪質には個人差があります。その中でメラニン色素やキューティクルの枚数により明るくなりやすい髪質の方や明るくなりにくい髪質の方がいます。

髪質によっては黒染めしたのに明るくなってしまう場合がありますので、見極めるためには、美容師さんの経験や技術が大事になっています。

一般的にはすごく直毛だったり、癖が強い方は明るくなりやすいです。しかしこれも個人差がありますので相談するのが1番いいと思います。

今回の写真のお客様は暗めのアッシュグレージュをご希望で初めてご来店頂きました。しかし前のサロンで普通より明るくなってしまい、金髪近くになってしまったのでご、自分の理想を叶えてくれないと半ば美容室を諦めてると、冷め気味で来店!その後笑顔で帰ってきいただくことになりました。ありがとうございます。

髪質には個人差があります。鱗状についているキューティクルの枚数にも個人差があり3〜8枚とされ薄ければ薄いほど中の浸透が早く明るくなってしまいます。

直毛の方はだとこの場合が多いので、美容師側の見極めが大事になってきます。

さて、最初の写真をご覧下さい。

 f:id:biscuitt:20170628175706j:image

ブリーチなしでアッシュグレーカラーになりました。
最近ではハスキーカラーとも呼ばれてますね!!(発色が良くくすみがすごいカラー)
赤みがなく透明感や柔らかさは保証します。

また髪に悩める方を救えた中嶋啓太でした。

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

 

美容室のトリートメントと家で使うトリートメントはどう違うか??

 

 

どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

f:id:biscuitt:20170628175235j:image

 

皆様はサラサラヘアに憧れた事はございませんか??

本日は、美容室のトリートメントとご自宅で使うトリートメントの違いをお伝えしようと思います。

ツヤツヤになりたい。サラサラヘアが羨ましい…僕もバッハ並みのくせっ毛でしたので憧れていました。

サラサラするには縮毛矯正しよう!
1つの手ですね。アリだと思います。

ただトリートメントとは違い、縮毛矯正の場合、永久矯正、今後パーマがかからない、そして、技術者によっては髪の毛が硬くなってしまう傾向があります。
今後の機転を効かせるためにはしっとりするトリートメントをお薦めします。ただし悩めるバッハ並みのくせっ毛の方は縮毛矯正をお薦めします。
しっとりしても、髪質によっては伸ばしきれないのがありますので、美容師さんとご相談が1番です。


さて、皆様はサロンでするトリートメントとご自宅でのトリートメントの違いはご存知ですか?

僕の初めていらしたお客様にトリートメントいかがですか?と聞いたところ『自宅でやっているので大丈夫です。』という言葉をいただいた事がありました。

美容室のトリートメントは全然違うんですよ

まず、髪への補修力、質感調整、髪質改善など様々な事が豊富にできるのです。

ご自宅でのトリートメント=ホームケアトリートメントは内部の補修成分を少なくして手触り重視のためキューティクルの保護成分が多めにしている傾向が多いです。
多少サラサラにはなりますが中身までは修復されていないのです。物によってはキューティクルの補修を過度にしすぎてしまい、カラーリングやパーマなどに影響が出でしまう例もありました。

売っているトリートメントは万人に向けて作られているからこそ本当に自分にあったトリートメントを見つけるのは至難の技だと思います。
なので、美容師さんに相談が1番です。

美容室とご自宅でのトリートメントの使い分けとしては美容室のトリートメントを維持するためにホームケアのトリートメントをしていくのがベストです。

女性にとって髪は命です。一緒にケアをしていきましょう。

中嶋啓太でした。

 
メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523

暗い髪でもカラーリングは楽しめる

 

どうも表参道、青山で美容師をしている中嶋啓太です。

f:id:biscuitt:20170628174300j:image

 

日本の文化には黒髪が1つの規則となってる事が多いです。会社員さんはもちろん、公務員さんも明るいカラーはしてはいけないのが今の日本の現状です。

日本人の黒髪は外国ではすごく素敵な髪とされています。しかし今の時代明るくしたいのは当然です。

そこで今回は暗めでカラーを楽しむ事をご紹介します。

 f:id:biscuitt:20170628174307j:image

こちらが色の明るさの表です。
髪の明るさには1〜20の番号からなってます。

平均的に8番が程よくの明るさと言われてまして、大体これを超えてしまうと会社でも注意を受けてしいます。

レパートリー少ないと思いの方、そんな事はござません。

染料を濃くすればカラーリングは楽しめるのです。

では最初の画像をご覧下さい。

 f:id:biscuitt:20170628174300j:image

ダークアッシュグレイです。

ブリーチなしで染料濃い発色!
そして赤みがないカラーリングです。

明るさは7番です。
光に当たると透き通るような透明感のカラーでとても柔らかい質感です。

就職で好きな髪が出来ない、、
僕は美容師しか出来ないので他の職業の方を尊敬している分、どうにかカラーを楽しんでいただきたいと思い、こちらのカラーリングを提案させていただきました。

ぜひとも暗めカラーを楽しんでいただけたらと思います。

 

中嶋啓太でした(^^)

 

 

 


メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523