赤みが嫌いな方、お悩みの方へ

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 f:id:biscuitt:20170628173349j:image

僕のお客様は基本的にお任せの方が多いです。信頼していただいて本当に嬉しく思いますのでこれからも精進していきたいと思います。
次に多いカラーリングは赤みがないカラーリングのご注文が多いです。

皆様は赤みについて悩まれたことございませんか??

髪の内部にはメラニン色素があり、そのメラニン色素の量が髪色になります。

メラニン色素には2種類あります。

ユウメラニン(黒〜褐色)
フェオメラニン(黄色)

日本人のほとんどはこのユウメラニンが多いので赤くなりやすい傾向にあります。

ではどうすれば赤みをなくしていけばいいのか考えていきましょう。


○マットカラー


マットとは緑味のカラーの事を言います。
まずはこちらの画像をご覧下さい

 

f:id:biscuitt:20170628173404j:image

 

これは色相環と言って色相を順立てて並べたものです。色の表と思って下さい。

赤みを打ち消すには反対の色、つまり緑を入れると打ち消してくれます。

これがマットカラーです。

マットの色味は他のカラー剤に比べて、色味が濃い為、混ぜてもマットが強く出てしまいます。その為、オリーブカラーなどご希望の方はすごくオススメです。


○ブリーチをする


ブリーチとはメラニン色素の量を多く減らし明るくしてくれる事です。

先ほどもお伝えしたように日本人の髪にはユウメラニンが多く含まれています。
ブリーチをする事により、メラニンを減らせば赤みが消えて発色の良いカラーになります。
ただブリーチはかなりの毛髪ダメージが伴いますので、ロングであればあるほどかなりの覚悟がいります。そしてブリーチだけだと金髪になってしまうので、もう1度カラーする事をオススメします。その分時間がかかってしまいますので、時間にゆとりがある時にオススメです。


○染料を濃くしてカラーリング


今回、1番お伝えしたいテーマです。

『ブリーチなしで赤みがないアッシュグレーにして下さい。』

実はなかなか難しい色なのです。
日本人は赤みが多いので、普通にアッシュグレーを入れても赤みが残ってしまいます。だからと言ってマット入れてしまうとアッシュよりマットが勝ってしまうので、アッシュグレー感が遠くなってしまいます。

そこで考え出したのが、赤みが出ないぐらい染料を出来る限り強めてアッシュグレー感を出す。

簡単に言いますが、実はすっごく難しいんです。ブリーチなしでこれが出る事、本当に褒めてほしいです。

では最初の画像をご覧下さい。

f:id:biscuitt:20170628173349j:image

 

赤みが完全にない完全なるアッシュグレーです。

マットカラー、オリーブカラーのご注文ももちろんありますが、このカラーリングの注文が多いです。

ブリーチなしでアッシュ味をだす。

 

中嶋啓太でした。

 


メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523