ボルドーピンクカラー

 

どうも表参道、青山で美容師している中嶋啓太です。

 

f:id:biscuitt:20170702002829j:image

 

カメラに指紋がついてたのか光の加減なのかぼやけてしまいすいません。

 

今回はボルドーカラーを作りました。

 

アンダートーンのピンク味にかなりのバイオレットいれて霞ませるヘアカラーリングです。

 

ピンクよりバイオレットが勝つようにちょっと明るいピンクとかなり暗いバイオレットを使う加減法でカラーするのがポイントで、残留色素が少なくアンダートーンが明るければ明るいほど発色は良くなります。

 

残留色素とは、前回のカラーリングが毛髪に入ってるかどうかです。これは次のカラーリングにかなり影響するものと言えます。

褪色(色落ち)を防ぐためにブラウンを混ぜるのが普通なのですが、ブラウンをいれるねデメリットしてこの残留色素が残りやすく発色が出ないなんてこともよくある話です。

 

茶髪にアッシュ系やピンク系にして下さいとお願いしたのに、なんだか茶髪になるのはこの残留色素の具合にもよります。

 

この加減法を使うことにより色味が濃いカラーリングが出来るようになります!

 

アンダートーンとはカラーする前の髪の明るさです。明るければ明るいほどこれまた色味もしっかり出ます。黒に何を足しても黒になります。でも色が薄い、例えば黄色とかに青を足したら緑に変化しますよね?そういったことを考えながらカラーリングはしていきます。

 

今回のボルドーピンクカラー

 

f:id:biscuitt:20170702002823j:image

 

ヴァイオレットが存分に入ってるのでツヤ感もたっぷりして、上品なカラーリングになります。今年の流行りのカラーの1つでもありますので是非ともオススメな髪色です。

 

中嶋啓太でした。

 

 

メニュー&プライスはこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/032259


ご予約はこちらでお願いします。
http://biscuitt.hatenablog.com/entry/2017/06/18/030523